MIC-AP AP

2018.10.16

『AL改善のための学生グループ』の活動を始めました。

近年、日本の大学では教職員共同の教育改革が実施されており、学生の教育改革への参画も始まっています。

そこで、AP事業では、アクティブ・ラーニング(AL)を学生の視点から改善する「AL改善・学生グループ」を立ち上げました。

本グループの目的は『本学の特色であるALを学生の視点から促進及び改善すること』です。

 

今学期は、初期的な活動として、以下の2つの活動に取り組みます。

  1. 授業内のALの改善:教員の実施するALを学生の視点で改善する。
  2. 授業外のALの改善:現在の本学でのeポートフォリオの活用方法を学生の視点で改善する。

 

本学の教育の特色の一つである『少人数制クラスでのALを通じたクリティカル・シンキング能力の育成』を、実際にAL型の授業を受ける学生の視点から、この特色を進化させるよう取り組んで行きます。