MIC-AP AP

2018.11.30

AL改善のための学生グループ活動②

前回は、本学のAL主体の授業において、学生の視点から効果的なAL型授業への取り組み方をまとめる「学生の心得」の作成の様子を紹介しました。今回は、eポートフォリオの活用方法を学生の視点で改善する取組です。

本学のAP事業では、eポートフォリオを使って学修成果を可視化し、学生の主体的な学修が実現できるよう、取り組んでいます。しかし、大学の運営者側が一方的にeポートフォリオの活用方法を学生に提示しても、意図した通りの主体性には繋がらないかもしれません。

そこで、AL改善の学生グループは、本学がこれまでに整備したeポートフォリオの活用方法を、実際に利用する学生の視点から改善する取組を実施しています。

 

実際に、本AP事業で取り入れた英語力のページ、1年次のまとめのページや留学のページについて議論しました。TOEICの効果的な振り返り方、1年次のページに含むべきこと、そして、留学ページに関する効果的な活用法をまとめました。この議論を基に、今後改善していきたいと思います。