MIC-AP AP

2018.12.01

大学教育学会で本学AP事業の取組を発表しました。

12月1~2日に、長崎で開催された「大学教育学会」に参加しました。

今年度のテーマは、「多様な学生が学び共に成長するキャンパス~国際社会に開かれ、未来を創る大学の実現~」で、国際化社会の多様性の中での大学教育の課題及び可能性についてのシンポジウムでした。

 

ポスターセッションでは、本学と同じテーマⅠ・Ⅱ採択校の山口大学と共同でポスター発表を実施しました。DPの学修目標の可視化、そしてDPの到達のための自律的学修がポスターのテーマで、それぞれの大学での取組及び課題をまとめたポスター発表でした。

3つのポリシー整備、そしてDPの実現に向けた主体的な学修は、全国の大学の共通課題です。来場者の興味は高く、本学の取組を紹介し、意見交換ができました。また、ポスターセッションを通じて、他大学の発表者に直接質問し、意見交換することで有益な情報を得られました。特に、汎用的能力を測定する取組や全学eポートフォリオなどの発表は、本学AP事業の取組の参考になりました。