MIC-AP AP

2019.02.28

本学の学生がポスター発表しました。

平成31年2月16日(土)に行われた本学と関西国際大学合同の「AP合同シンポジウム」で、AL改善の学生グループの活動の一環として、本学の学生グループがポスター発表を行いました。

 

このポスター発表は、AP合同シンポジウム開始前のポスターセッションで実施され、本学からは3つのポスターを発表しました。AP事業全体を説明するポスター、ディプロマ・ポリシーの可視化への取組をまとめたポスター、そして、本学での主体的な学修を学生の視点でまとめた学生ポスターです。

この学生ポスターでは、本学のグローバル教育において、学生がより主体的に学修し、教育効果を高めるための学修方法について、学生の視点からまとめました。

 

AP採択校の教職員や共催校である関西国際大学の関係者、そして、文部科学省からの来賓の方などの多数の来場者の前で、本学の学生はポスター発表をしました。本学の教育を受け、その教育効果を享受する学生が自ら、本学の教育や主体的に学修する方策を発表することで、来場された参加者も大変参考になったようです。

実際に、シンポジウムのアンケートでは、学生に対する良いコメントを頂きました。

「両大学共、学生の方が非常に丁寧に詳しく説明されており、非常に参考になった。各大学の教育成果が学生の発
表に十二分に表れており、大変良かった。」(私立大学所属)

「ポスターセッションでもパネルディスカッションでも積極的に質問や意見を言える学生がいることが大きな成果だと思った。」(私立大学所属)

 

今後も、更に学生の視点を取り入れたAP事業となるように、AL改善の学生グループは活動して行きます。