MIC-AP AP

2019.11.20

AP事業北九州合同セミナーを開催しました。

 11月11日(月)に、西日本総合展示場新館AIM 3F 311会議室(北九州市)で、文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)に採択の九州・山口地区の六大学が合同で「AP事業北九州合同セミナー」を開催した。本セミナーでは、過去六年間に渡って各大学が取組んできたアクティブ・ラーニングによる教授法、学修成果の可視化、卒業の質保証などについての講演・質疑応答・グループ討議などが行われた。

 本学からは、保田昌秀APアセスメントオフィサーが、英語スキルに対するアクティブ・ラーニングの効果を測定した結果を紹介した。後半は本学のAlan Simpson先生が学生の自己評価と学生の成績でDPルーブリックを可視化する方法について説明した。