キャリア・就職 CAREER SUPPORT

キャリア・デザイン授業(国際教養)

本学では、入学直後からキャリア教育を授業で学べます。「生きる」とは?「学ぶ」とは?「働く」とは?について深く考え、自立した人間として大きく成長することを目標とした「キャリア・デザイン1~3」を1年から3年次の必修科目として開講しています。
1年次 キャリア・デザイン1

大学で学ぶ意義や目的を考えるとともに、客観的に自己を分析し、現代社会に生きる自己の在り方を探求する。

適性テストやワークを通して、まだ把握しきっていない自己について分析する。また、社会人の話を通して、現代情勢について学び、学び方や人生について考える。

2年次 キャリア・デザイン2

望ましい勤労観・職業観を確立し、就業意識の醸成を図るとともに、自己に適した職業を探求する。

人は何故働くかについて深く考え、自己分析を通して適した職業について考える。さらに、ビジネスマナーや社会人としての基礎知識を学び、企業人の話を通して求められる人材や企業の魅力について知る。

3年次 キャリア・デザイン3

企業研究等を通して職業について探求を深め、自己に適した職業を明確にするとともに、職業人としての実践力を育成する。

自己分析を行い、適職診断テストの結果を参考にして自己の職業を考える。そして、社会人として必要なパソコン技術を学ぶとともに、就職試験対策も行う。また、国際協力機構JICAについてや、海外青年協力隊経験についての話を聞くことで国際協力について考える。

キャリア・デザイン授業担当教員より

皆さんの仕事選択をより良いものにする為に

大学を卒業すると皆さんを取り巻く環境は大きく変化します。在学中には多くの失敗も恐れず様々なことにチャレンジして欲しいですが、企業人となれば、皆さんの行動、結果に責任を負わなければなりません。

キャリアデザイン(CED)授業では、大学外で起こりうる事を理解し、自分自身の改善点を見つけ、社会における「仕事」について考えます。

CED1では、自分自身を見つめ直し、強みと弱みを特定します。また、それらを改善する方法を考えます。

CED2では、社会で働くことの重要性、ビジネスマナー、職業の種類について学びます。

CED3では、学生は履歴書に書くような自己PRを書いたり、面接の際の受け答えやマナーを学ぶなど、就職活動の際に役立つテクニックを学びます。

また、3年次には、皆さんも知っているような優良企業の方などを招き、外部講師による講義を受けることが出来ます。皆さんには、様々な分野で働く方々に質問する絶好の機会を提供しています。

多くの職について知ることで、皆さんの性格や興味に最も合った仕事を見つけてもらいたいと願っていますし、キャリア・デザイン授業で得た知識が、将来、より良い選択をするのに役立てば嬉しいです。

授業外では、就職支援課が皆さんのサポートをします!いわゆる「良い仕事」というだけでなく、自分の興味に合った仕事を見つけることを応援します。

キャリア・デザイン1・2を受講して

キャリア・デザインは、客観的に自己を分析し、現代社会に生きる自己の在り方を探し、就業意識の醸成を図るとともに、自己に適した職業を探求するために欠かせない授業です。キャリア・デザイン1では、様々なバックグラウンドを持った本学の外国人教員が自身の生い立ちや人生を通しての貴重な体験談を聞くことができました。多文化での経験談には世界の広さを想像させられるとともに、私が国外での人生設計を構築するうえで幅広い選択肢を与えてくれました。キャリア・デザイン2・3では、外部講師を加えての実践力を育成するための講話をうかがったり、就職活動を行う際に役立つ自己分析を行ったり、職業で必要な適性検査などを受けたりしました。自分を客観的に見つめ直すことで、自分の長所や短所、自分に合った職業を知ることができ、将来すべきこと、やってみたいことを明確にすることもできました。キャリア・デザインの授業を通して、客観的に自分を見つめ直すことの大切さを再確認させられ、目標を立てて行動する重要性を実感することができました。