キャリア・就職 CAREER SUPPORT

企業インターンシップ

県内外の様々な企業でインターンシップに参加し、実際の職務を学びます。在学中に、企業や官公庁等での就業体験を行うことで、就職先をより具体的に検討する機会にもなり、企業研究を深めることもできる良い機会です。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が一定期間企業などで研修生として働く「職業体験制度」です。

企業・業種研究や社会人になる為の心得など、実際に体験してみないと分からない知識を習得するための制度です。

インターンシップの流れ

Step 1. 就職支援課に相談!

      インターンシップ先を決めるための合同説明会が随時実施されています。

       就職進学支援課より発信されるインターンシップ関連情報などを確認して、相談してください。

Step 2. インターンシップ参加申込

      宮崎県内のインターンシップは、「みやざきインターンシップNAVI」サイトに登録し、エントリーする。

      宮崎県外のインターンシップは、マイナビやリクナビ等のサイトに登録し、エントリーする。

       エントリーした後に必要な書類を作成・提出する。

       ※企業によっては、実施日の調整連絡や選考があります。選考はエントリーシートや面接で実施されます。

Step 3. インターンシップ参加!

Step 4. インターンシップ報告会(任意)

      インターンシップ報告会へ参加して後輩や友人と情報共有しましょう。

○国際教養学部では、30時間以上のインターンシップ経験を単位認定します。(卒業に必要な単位ではありません)

 単位認定には、事前研修や事後研修への参加、実習日誌や実習報告書の提出が必要です。

インターンシップに参加して

インターンシップ先:ANAホリデイインリゾート宮崎

おもてなしの心とプロ意識を実感。

主に、ドアマンとしてお客様のお出迎えやお見送りをし、ベッドメイキングなど裏方の仕事もさせてもらいました。夏休みの繁忙期だったために、周りを見て自ら進んで行動するよう心がけていました。

ホテルで働く全員がお客様のご要望に精一杯に応えようとする姿勢が素晴らしく、おもてなしの心やプロ意識の高さを学びました。

4月から旅行会社で働きますが、今回学んだ事を忘れずに、旅が始まる前からたくさんの人を幸せにできるように頑張ります。

インターンシップ先:国際協力機構九州国際センター(JICA九州)

 宮崎国際大学からJICA九州インターンシップの二期生としてインターンシップに参加させて頂きました。
 私は、大学2年生の夏休みにフィリピンでボランティアをした経験をきっかけに国際協力に興味を持ち、宮崎国際大学の代表としてJICA九州インターンシップに参加させて頂きました。インターンシップでは、実際に様々な部署に入って、その各部署がどのような仕事をしているのかを教えて頂きました。その中で、海外で仕事をする上では、相手国の理解に努めることが大切だということを学びました。各国々によって文化、宗教、また考え方が異なり、自分の価値観だけを押し付けるのではなく、多様性を受け入れる必要があると思いました。今回のインターンシップで養った見識や考え方を大事に今後、大学生活を送っていきたいと思います。

インターンシップ先:宮崎県総合農業試験場、宮崎観光ホテル

私は1年次の夏休みを利用して、2か所のインターンシップに行きました。

一つは宮崎県総合農業試験場、もう一つは宮崎観光ホテルです。

宮崎県総合農業試験場では、室内で専門的な様々な実験をさせていただき、また屋外でビニルハウスや田畑の手入れを行いました。仕事と休憩の切換えがきちんとしてあり、研究者が集中して高度な試験を行える環境が整っていました。

宮崎観光ホテルでは、フロントやレストランでの接客から、会場設営、ベッドメイキングまで、全体的なホテル業務に携わらせていただきました。きらびやかな外観とは逆に、裏ではスタッフ全員がプロ意識を持ってストイックに働いている姿を目の当たりにしました。

2つのインターンシップを行ったことで、公務員の高度な職務への責任、一般企業のビジネスの厳しさを直接体験することができ、その違いを知ることができました。大変貴重な機会であり、今後の進路選択の大きな糧となりました。