キャリア・就職 CAREER

2018.12.10

集団面接対策講座を行いました。

平成30年11月20日(火)、就職ガイダンス「集団面接対策講座」を行いました。講師は㈱リクルートより高根麻代氏にお越しいただきました。

はじめに、面接の基本について教えて頂きました。

企業にとって面接は…

面接では、企業もできるだけ皆さんのことを理解したい、また、自社のことを理解して欲しいと思っているので、面接は情報交換=お見合いの場として捉えられています。

面接で多い質問の紹介

「志望動機が薄い気がする」「本当に自社への興味があるのかが分からない。」という声を聞くことがあります。志望動機を伝えるには、しっかり企業研究をしておかないと伝えることができません。

ポイント!

自分のことを一方的に伝えるのではNGです。会話のキャッチボールを意識しましょう。(面接官の質問の意図を理解して答えることが大切)

そのためには

  1. 結論から伝える。
  2. 相手に伝わるように話す。数字を含めて話す。(例:売り上げアップに貢献しました。より売り上げを1.2%アップするのに貢献しました)
  3. 熱意をこめてハキハキ笑顔で。(緊張はすると思うが、必ず意識して)

社会に出ると自分の意見を問われることも多くなります。自分の考えをきちんと伝えることができるよう今から意識しておくことも大事だとお話がありました。

面接についての基本やポイントの説明の後は、2グループに分かれて集団面接練習を行いました。3人一組の模擬面接で、高根氏が面接官となっていくつかの質問を行いました。入室後の自己紹介もまだ慣れておらず非常に緊張した様子が見られましたが、良い練習の機会になったようです。

面接後にはフィードバックがあり、今日できなかったことを認識し、話した内容を自分で考え直すことをしてみてくださいとアドバイスがありました。また、他の人が話しているときのマナーや言葉遣いに関してなども指摘頂きました。

就職進学支援課が行う無料の【就職ガイダンス】についてはコチラからご覧頂けます。

在学生の方は、随時就職進学支援課からの学内メールで確認し、必要なガイダンスに積極的に参加しましょう。(1年生から参加できます)