キャリア・就職 CAREER

2019.05.30

【国際教養学部】キャリア・デザイン3 「JICAセミナー」(JICAデスク宮崎、田代氏)

国際教養学部では、学生の仕事観の形成、職業選択の幅を広げる為「キャリア・デザイン授業」を行っています。

令和元年5月17日(金)、キャリア・デザイン3にてJICAデスク宮崎の田代氏を講師に招き、JICAやODA、国際関係に関わる仕事について、田代氏の青年海外協力隊体験談に基づいてお話頂きました

JICAとは

独立行政法人国際協力機構(JICA/ジャイカ(注))は、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への国際協力を行っています。

JICAウェブサイトより引用)

事業の目的は

  • 派遣された国の発展に協力すること
  • 良い関係を築きお互いを理解しあうこと
  • 国際的視野を広げボランティアを通して得た知識や経験を社会に還元すること

です。

海外青年協力隊体験談と皆さんへのアドバイス

田代氏は、看護師として国内で働いた経験を活かし、ラオスの病院で海外青年協力隊としてボランティアを行ったそうです。活動先の国、施設、活動内容について紹介してくださいました。

最後に、国際関係の仕事に携わりたいと考えている方へ、今からできることについてもお話いただきました。

  • 語学力を磨く
  • 柔軟な思考・適応能力をつける
  • 何にでも挑戦する

などを挙げておられたのですが、日々の国際教養学部での学び(英語で学ぶことやクリティカル・シンキングを養うなど)との共通点を見出すことができました。

宮崎国際大学はJICA九州国際センターとインターンシッププログラムを締結しています。インターンシップの体験談はコチラからご覧頂けます。