教育学部 児童教育学科 EDUCATION

学びのステップ

学習成果を確かめながら、着実に前進。

履修カルテを活用しながらの アドバイザー相談

「履修カルテ」を活用しながら、4年間における学修成果を視覚的に捉え、目指すべき方向への到達レベルを確認します。みなさんの目標や夢に向かって、確実に進めるように、アドバイザー教員をはじめ、教員一同支援します。4年間の学修が確実な成果となるように、学生と教員が一丸となり、一歩一歩積み重ねていきましょう!

学生は①知識・技能、②考える力、③コミュニケーション能力等を身につけるため、カリキュラムツリーと自己評価シートを用い、目標を設定します(Plan)。設定した目標を達成するために、科目を履修し、授業外学習を含めて真剣に学習します(Do)。期末試験終了後、履修した科目の学習内容と成績評価を履修カルテに記述し、確認します。また、自己評価シートに教員として必要な資質・能力の指標についての達成度を評価します(Check)。アドバイザー教員と相談し、不足している資質・能力等の課題を明確にし、どのように向上させてしていくかを検討します(Action)。

学生は目指す能力を向上させるために、課題を明確にし、達成するための具体的な方法を定め、継続的に努力する必要があります。「学びのサイクル」を実践し、主体的に学び続けることで、教育実践力を身につけることができます。

▲画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。