教育学部 児童教育学科 EDUCATION

  • 福田 亘博
    福田 亘博
    Nobuhiro Fukuda 
    日本 Japan 

    教授分野
    子どもの食と栄養、子どもと食育、食の科学 

    取得学位
    農学博士、九州大学大学院農学研究科(博士課程) 

    考える力を身に付けましょう。

  • 菅 邦男
    菅 邦男
    Kunio Suga 
    日本 Japan 

    教授分野
    国語、文学、国語科教育法Ⅰ、国語科教育法Ⅱ、国語科教育法Ⅲ 

    取得学位
    修士(教育学)、大阪教育大学大学院修士課程教育学研究科 

    視野を広く、共に学びましょう。

  • 橋口 泰宜
    橋口 泰宜
    Yasunori Hashiguchi 
    日本 Japan 

    教授分野
    教育制度論、教職概論、教育と社会 

    取得学位
    教育学修士、広島大学大学院教育学研究科博士課程中途退学 

    学びを友として自分づくりを始めよう。

  • 安東 末廣
    安東 末廣
    Suehiro Ando 
    日本 Japan 

    教授分野
    障害児保育、特別支援教育論 

    取得学位
    文学博士、駒沢大学大学院 

    Brain-based education の視点が持てる教師を目指そう!

  • 渡邊 耕二
    渡邊 耕二
    Koji Watanabe 
    日本 Japan 

    教授分野
    算数科内容学、算数科指導法、教育の方法と技術、数学と生活、情報処理 

    取得学位
    博士(学術)、広島大学大学院国際協力研究科 

    国際感覚を持つ教員を目指しましょう!

  • 守川 美輪
    守川 美輪
    Miwa Morikawa 
    日本 Japan 

    教授分野
    図画工作、図画工作科教育法Ⅰ、図画工作科教育法Ⅱ、保育内容指導法(造形表現)、造形表現演習、忍ケ丘教養Ⅲ、忍ケ丘教養Ⅳ 

    取得学位
    修士(教育学)、鳴門教育大学大学院 

    知識・技術・感性・創造性を高めましょう。

  • 相戸 晴子
    相戸 晴子
    Haruko Aito 
    日本 Japan 

    教授分野
    教育相談、社会福祉、社会的養護、児童家庭福祉、家庭支援論 

    取得学位
    修士(教育学)、九州大学大学院人間環境学府教育システム専攻博士後期課程 

    ともに学び、考え、実践していきましょう!

  • 中原 邦博
    中原 邦博
    Kunihiro Nakahara 
    日本 Japan 

    教授分野
    特別活動の指導法、学級経営論、教育実習指導、教育実習Ⅰ(小学校・幼稚園)、介護等体験 

    取得学位
    教育学修士、兵庫教育大学大学院言語教育学科(修士課程) 

    使命感と情熱あふれる教師を目指しましょう。

  • 坂倉 真衣
    坂倉 真衣
    Mai Sakakura 
    日本 Japan 

    教授分野
    理科、理科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、保育内容指導法(環境)、環境教育論 

    取得学位
    修士(感性学)、九州大学大学院 

    学びは驚きから始まる!

  • 釋迦堂 幾則
    釋迦堂 幾則
    Ikunori Shakado 
    日本 Japan 

    教授分野
    教育実習、保育実習、教員合格支援プログラム「特別対策講座基礎、応用」 

    取得学位
    教育学修士、兵庫教育大学大学院学校教育研究科学校教育専攻(生徒指導コース)修士課程修了 

    子どもと真摯に向き合い、信頼される教員や保育士を育てたいです。

  • 村端 佳子
    村端 佳子
    Yoshiko Murahata 
    日本 Japan 

    教授分野
    英語コミュニケーションI, II, 子どもの英語活動1、2 

    取得学位
    博士(応用言語学)、ニューキャッスル大学 

    Learning is changing.

  • 日髙 まり子
    日髙 まり子
    Mariko Hidaka 
    日本 Japan 

    教授分野
    音楽、音楽科教育法、ピアノ、声楽、こども音楽療育概論、こども音楽療育演習、保育内容指導法(音楽表現)、音楽と遊び 

    取得学位
    教育学士、宮崎大学教育学部特別教科音楽教員養成課程 

    感性豊かでエビデンスある音楽表現を学びましょう。

  • 1
  • 2