国際教養学部 比較文化学科 INTERNATIONAL LIBERAL ARTS

学部長メッセージ

学部長
アンデルソン・パッソス

Anderson Passos

宮崎国際大学はリベラル・アーツを学ぶのに、最高の環境です。

 近年、文部科学省は日本の高等教育におけるクリティカル・シンキングとア クティブ・ラーニングの重要性を強調し始めていますが、本学では1994年の 創設当時から、すべての授業でこれらのコンセプトが導入されていました。さらに私たちの教育プログラムを受けた卒業生は、幅広い業界において高い能力を必要とされる仕事で活躍しています。こうして見てみますと、宮崎国際大学は日本においてリベラル・アーツを学ぶのに、最高の環境であると断言できる自信があります。  

 1年次では英語教育だけでなく日本語の表現力も重視することで、学生の日本語と英語の両方の言語能力の向上を確かなものにしています。2年次では異なる文化について学び、また海外研修という大きな挑戦への準備をします。

 3、4年次では専攻を選び、関心のある分野の理解を更に深めます。またすべての学生は3年次の第2学期から始まる研究プロジェクトである卒業論文を書き始め、そしてその研究成果を発表することで、学問の集大成を飾ります。 そして、学業および日常的な心配事に対しては、信頼できるアドバイザー制度と相談窓口が、すべての学生にサポートとアドバイスを提供しています。  

 こうして過ごす宮崎国際大学での4年間が、あなたの将来の目標達成を助けることができると、確信しています。