国際教養学部 比較文化学科 INTERNATIONAL LIBERAL ARTS

学びのステップ

1年次 充実の初年次教育で確かな一歩

リベラル・アーツの理解
「リベラル・アーツ入門」では、4年間リベラル・アーツで学ぶことの意義を学び、その後のMICの授業において必要なスキルを身につけます。
「世界市民入門」において、グローバル社会における”市民”の定義を学び、クリティカル・シンキング(批判的・分析的思考)を通して、環境問題・人間の発達・文化的アイデンティティーなどの課題を考察します。
また、人文科学・社会科学・総合科学の科目群から選択履修し、多岐にわたる分野への知識を深めます。
英語授業に慣れる
最初の1ヶ月は誰もが「分からない」を経験します。コミュニケーションがうまくいったことへの「うれしさ」「楽しさ」を早く実感できるようになる為に、習熟度別の英語教育を受けます。

2年次 世界に自分を投じる

比較文化を学ぶ(基礎教育科目前期)
「英語圏社会の文化」及び「社会課題の研究」「現代日本の芸術」を学び、後期の海外研修に備えます。
海外研修(後期)

異文化を学ぶと同時に、自分自身を見つめなおします。 英語だけの世界に飛び込むことで 英語コミュニケーション力と順応力を身につけます。 海外研修は下記3種類から選びます。

  • 英語圏を中心とする「メインプログラム」
  • 短期留学を含む「ハイブリッドプログラム」
  • 授業料免除の「アジアプログラム」

3年次 専門分野の知識を深める

専攻を決め、自分のテーマに沿った専門教育をスタート
人文科学系、社会科学系、英語圏言語文化系の中から自分が特に興味を持ったり、卒業研究テーマに合った専攻を選び、専門教育科目を学びます。授業を担当する教員が一人で密度の濃い授業を行うので、専門分野に対する知識が深まるとともに、英語力の向上も実感できます。さらなるステップアップを目指す学生はグローバルリーダーを育成する「グローバル・リーダーシッププログラム」または、優れた教員をめざす「中・高英語教員、小学校教員養成(教職課程)プログラム」を履修します。

4年次 自分のテーマを追求し、社会へ飛び立つ

4年間の集大成、卒業論文を英語で仕上げる
卒業論文(英語6500ワード以上)は学生にとって大学生活を締めくくる集大成。学生はこれまで大学内外で学んだ全てのことを活用し、自分のテーマを探求します。この過程を通し、学生は現代社会の諸様相に対する理解を深め、また、真の国際人とは何かを自覚し、社会に飛び立つ準備をします。

学生の声

英語に不安があっても大丈夫!

入学時は英語に自信がなく不安でしたが、気さくな先生方やアドバイザー・アシスタントの先輩方が相談に乗ってくださり、楽しい大学生活を送っています。授業はほぼ英語ですが、少人数制で先生と学生との距離が近く分からないことはすぐに質問できます。対話やグループワークでいろいろな人の意見に触れ、気づき、自分の考えを深めることができます。自分が能動的になることで得られる知識や経験があり、自分自身の新たな学びへと繋げることができます。

多彩なカリキュラムで勉強に集中。

将来は英語を活用した職業に就きたいと思い、海外で通用する英語力を身につけるために進学してきました。本学部は約8割が外国の先生方ですが、少人数制なので先生と学生の距離がとても近い! 英語での会話や読解力を身につける学習や、インターネットを使った授業などもあり、自分のペースで勉強に集中できます。また、2年次の海外研修では、英語に対する意識や能力が培われると思います。