学長ブログ PRESIDENT'S BLOG

学長 山下恵子
宮崎国際大学学長 山下 恵子

宮崎国際大学は、建学の精神「礼節・勤労」を教育理念としています。「礼節」の精神では、自他の人間性を尊重し、自らを律し、他者の立場に立って物事を考えることができることを、さらに「勤労」の精神では、心身を労して全てのことに積極的に努力することをめざしています。このように何事にも真摯に取り組む精神によって、人格の陶冶をめざします。「礼節・勤労」の精神は、現代社会において、最も必要とされる精神です。
宮崎国際大学は、平成6年、世界のそれぞれに異なった文化を、グローバルな視点からみつめなおすため「比較文化学」という学問を追究する最上の環境を提供する大学として創設されました。本学は、グローバル社会で生きる日本の、そして世界の宝となりうる皆さんを育てるための大学です。
本学の教育は、物事を多面的にとらえながら、自らよく考え、世界を知り、自然を知り、そして人を深く学ぶリベラル・アーツ教育を基盤としています。4年間の学びを通して「なぜ? どうして?」と自己への問いかけをしながら、ひたすらに学び続けることで、皆さんは大きな成長をとげられることでしょう。
宮崎国際大学で学び、世界へ、そして地域へと羽ばたいてみませんか。

2018.04.25

学長ブログ⑪ 2018学びのコミュニティーMIC号 出発

 2017学びのコミュニティーMIC号は、無事に航海をおえ、2018学びのコミュニティーMIC号が新たな航海に出発しました。昨年度から、学長ブログでは、学生の学ぶ姿を、クルーズ(航海)に例え、「学びのコミュニティーMIC号」として紹介しています。

 2017年度の卒業式では、卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡しながら、卒業生の達成感に満ちた表情に強い感動を覚えました。同時に、4年間、学友と切磋琢磨しながら頑張り、学業を終え、いよいよ社会へと巣立っていく決意を感じました。卒業生には、疲れた時、落ち込んだ時、ふと宮崎国際大学を思い出していただければ幸いです。本学で頑張った証は、卒業生を必ず支えてくれると思います。卒業生の心の灯台として在り続けたいと願っています。 活躍を期待しています。 卒業生の活躍は本学の宝なり! 

 2018年度は、多くの学生を迎え、希望と期待でいっぱいのキャンパスとなっています。新入生を対象として青島で行われたリトリート(宿泊研修)では、先輩、学友、教職員と親睦を深め、これからの四年間の学びの基礎を作りました。先日数名の新入生に声をかけると、「宿題が多く大変です!」と話していました。国際交流ラウンジでは、既に早朝から勉学に励む学生が多くいます。さすが、MICは学びのコミュニティーです。

 4年生は、いよいよ就職試験です。夢の実現に向けて勝負の時となりました。自分がもうダメだと思った時に、可能性は限界へと変わります。就職試験は、可能性への挑戦です。諦めずに頑張ってください。応援しています。

 2018年が良き学びの年となり、2018学びのコミュニティーMIC号のクルーズが素晴らしいものとなりますことを心から願っています。

  • 1
  • 2