新着情報 NEWS

2019.12.06

駐日サウジアラビア王国特命全権大使講演を行いました。

令和元年11月18日(金)、本学卒業生ナーイフ・マルズーグ・アルファハーディ(=Nayef M. Al-Fahadi)駐日サウジアラビア王国特命全権大使による講演を行いました。当日は、在学生のみでなく、卒業生、地域の方々の参加もあり大いに賑わいました。

以下に、冒頭の挨拶文章を掲載します。

日本における初めての我が家

出身大学である宮崎国際大学に戻るのは、野望を持つに至った真の経験、次第に大きくなっていく家族、付き合いの長い友人達のいる実家に戻るような気持ちです。今日、改めて皆様の前に立つと、人間を洗練させる季節、有望な日の出、そして暖かい思い出が蘇ってきます。この場所での学びはいつまでも続き、今日再び学生として戻っております。

先生方、友人達、そして学生の皆様

母国であるサウジアラビア王国の大使として日本に戻った時は、この場所が日本の偉大な人々の文化や歴史について教えてくれたこと、そして、この屋根の下で身に付けたことを磨くため、私が情熱を持って始めた仕事を終えるために里帰りしたようでした。私は、両国民が協力し合い、より多くの人々を鼓舞し、創造的なアイデアを適用することによって、アジア大陸の両岸に暮らしている私達に繁栄した生活がもたらされることを期待しておりますし、そうなるように努力して参りたいと思います。20年前と同じように、今日、皆様の前に楽観的な若輩者である私が立っております。

日本とサウジアラビアの関係は、これまで以上に深遠かつ堅実になると同時に、人間の未来、繁栄、科学、文化への期待も大きくなっています。この関係の基盤となるのは、この大学のような施設や、与えの精神、寛容性、創造性の種を持つ人々であり、創造性を改め、不可能を可能にする人々であります。

 

My First Home in Japan

I go back to Miyazaki International College, and it feels like going back home, where friends who have remained friends, where the family that has been growing up and aspirations grow along with it, and where the real experience that shaped the way of life. Having the honor of standing among you again brings back the effect of the beautiful warm times, the promising sunrise and the successive chapters that refine man. I take myself back as a student again, because what I have learned in this place never ends.

Dear friends, colleagues, students and professors,

When I returned back to Japan as the Ambassador of my country the Kingdom of Saudi Arabia, it was like going back home to finish my work I'm passionate about, to refine and test what I have learned under this roof, and what this place taught me about the culture and history of your great people. I hope and seek to hold hands and develop our cooperation to inspire more of our peoples together, to apply their creative ideas and turn them into a reality that people across our continent where we live, as it started twenty years ago, here among you, small, honest and full of faith.

The relations of our two countries become more profound and solid, and more dependent on the future of man, his prosperity, his sciences and his culture, than it has ever been. Its main factor is institutions like this university, as well as the men and women who possess the seed of giving, tolerance and creativity, making the impossible possible, and creativity renewable never affected by the years.

宮崎国際大学在学中に宮崎で過ごした時間は、宮崎の穏やかな人々に囲まれ、大都会の喧騒の中では得られないであろう集中を得ることが出来、その日々は"Vacation to study"であったと話してくださいました。

また、未来の日本のリーダー、もしくはインターナショナル学生にメッセージを伺うと以下のように話されました。

"I think mastering the details of whatever you want to do will pay back, even if you are not good at planning.

Sometimes we find the community, family or school pushing us to decide what we want to do, and that's fine. But really mastering the moment and understanding yourself, getting into your skin will polish you and will make the opportunity to see you clearly, and I think that's the only thing I want to say."

 

ナーイフ氏、今回は宮崎まで遠路お越し頂きありがとうございました。参加した学生には、大変貴重な経験となりました。この場を借りまして、再度お礼を申し上げます。