新着情報 NEWS

2020.04.03

【在学生の方へ/授業開始は4月20日となります】

宮崎国際大学における新型コロナウィルス感染症に対する対応について

新型コロナウイルス感染症が世界各国で拡大する中、我が国においても一部の地域では、いつ緊急事態宣言が出されてもおかしくない状況にあることが報道されています。宮崎県は現在まで感染者は3名と他県に比べ少ない状況にあります。しかし、新型コロナウィルスの性質やその拡大状況を勘案すると、十分に警戒する必要があることは言うまでもありません。

宮崎国際大学では、新型コロナウィルス感染がわが国で観察され、拡大傾向になった時点から、情報等を集約し注意深く対応するようにしてきました。本学では海外研修や外国人留学生が多数在籍することから、宮崎国際大学の方針として、学長名で帰国・入国後、自宅や宿泊施設において2週間程度の経過観察を行い、特に発熱や咳等の異常がなければ通学して良い旨通知したところです(別紙1)

また、文部科学省による大学等における授業において、3つの密、すなわち、①換気の悪い密封空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声が重なることを回避することが不可避であり、万全の対応を行うようにとの通達があったことから、学内の安全衛生委員会において、新型コロナ感染症対策を決定し、学内各所において掲示すると同時に、メール等で学生・教職員に周知したところです(別紙2)。

本学では新学期のオリエンテーション後、授業を開始する予定でしたが、再度慎重に審議した結果、授業開始を4月20日(月)に延期することを決定しました。なお、4月6日(月)の2,3,4年生のオリエンテーションは中止とします。

新入生・在学生におかれましては、この間、別添の「新型コロナウイルス感染症対策について(お願い)」をご一読頂き、遵守して頂くようにお願いします。また、新型コロナウィルス感染症拡大の状況等によっては、通常の授業が開始できないことも想定されます。その際は、オンライン授業を開始します。このことについては、今後メール等で連絡しますので、メールをしっかりとチェックしてください。

新型コロナウィルスに関する情報は、下記を参照ください。

厚生労働省

宮崎県コロナ感染症相談窓口