新着情報 NEWS

2022.11.24

学生ビジネスプランコンテストにて本学学生がポスターセッション・オーディエンス賞を受賞しました。

先だって行われた「第3回宮崎・学生ビジネスプランコンテスト」(宮崎銀行・宮崎大学共同主催)にて、本学国際教養学部2年の木下美空さんがポスターセッション・オーディエンス賞を受賞しました。(宮崎大学工学部 中玉利 翔馬さんと共同提案)今年は、過去最多となる61名37組がエントリーした同コンテストにおいて、素晴らしい結果を残しました。

提案したプランについて木下さんに伺いました。

現在、日本の着物業界は衰退しており、そんな状況を新たな視点から活性化していきたいと考えたビジネスがNew JaCとなっております。

New JaCとは従来の和装に対する価値観を変え、人々のファッションの選択肢を広げるビジネスです。私たちは従来の着方にとらわれない和装、「カジュアル着物」をEC通販をと通して販売していこうと考えました。

衰退化する着物業界を活性化するために、そしてEC通販を通して販売率をあげるために、私たちは東南アジアのイスラム教徒の女性、ムスリマの方々をターゲットとしています。ムスリマの方々が着る宗教着、ヒジャブなどは肌を隠すファッション「モデストファッション」に分類され、日本の着物もそのモデストファッションに分類されます。しかしながら、ヒジャブなどの宗教着は無地で地味なものが多いのが特徴です。それに比べ、日本の着物の柄の華やかさ、帯や着物を変えるだけでガラッと印象が変えられる組み合わせの自由さをヒジャブに取り入れられないかと考えました。

EC通販を通して販売率を向上するためにまずは市場調査として日本のイスラム教徒に向けて販売、そして数多くのイスラム教徒がいる東南アジアへと市場を広げ、そして世界各地へと販売していこうと考えております。

実際に、ごく最小ではありますが、ムスリマの方々の中には既に着物の華やかさをヒジャブに取り入れている方々もおり、このビジネスを成功できるのではないかと考えました。

この度の受賞誠におめでとうございます。