新着情報 NEWS

2017.05.09

「平成29年度卓越した学生」に教育学部2年生池田咲希子さんが選ばれました。

1年次の学業成果や課外活動等において卓越していると認められる学生に与えられる1年間の授業料免除制度「卓越した学生に対する授業料免除」に教育学部2年生池田咲希子さんが選ばれました。池田さんおめでとうございます。アドバイザーとして大変嬉しく思っています。これを機に、一層勉学に励まれ、知識・技能に加え、人間性も高められることを期待しています。池田さんにこれまでの学修状況や今後の抱負について書いてもらいました。本人の努力や学友と共に学び合っていることが伝わります。池田さんを含むクラスメート全員が教員採用試験合格等の目標が達成されるように応援しています。

(教育学部准教授 守川美輪)

 

教育学部児童教育学科2年 池田咲希子
(佐賀県立武雄高等学校出身)

 

 今回、1年間の授業料免除となって大変ありがたく思っています。今までの努力がこのような形で報われ、今後の学生生活の一層の励みになります。
 私は幼い頃から、子どもと関わる仕事に就きたいと考えていました。中学校時代に生徒1人ひとりと真剣に向き合い、生徒の気持ちに寄り添って下さる先生との出会いをきっかけに「教師になりたい」と強く思うようになりました。また、大好きな英語を勉強し続け、英語力を伸ばしたいと思い、少人数制の授業と外国人教員が多く、英語を学べる環境が整っている宮崎国際大学に興味をもち、入学を決めました。
 今は、TOEICに向けて寝る前に英単語の本を毎日15分間読んでいます。また、学校図書館に行って「M-Reader」をほぼ毎日1冊ずつ読んでいます。毎日、英語に触れる時間を確保しています。
 また、放課後に行われる「教科・教職ゼミ」に積極的に参加しています。分からないところは先生に質問することができたり、発展した内容を教えてくださったりしています。自分自身のレベルにあった問題を解くよう指導して下さるので、苦手分野を克服し、また得意分野をさらに伸ばすことができています。
 空き時間には、友達と教えあって勉強をしています。教えあうことで、自分自身の苦手な部分を見つけるとともに、相手に分かりやすく説明をするためにはどのようにしたら良いかなどを考えることができています。また、友達の意見を聞くことで新たな考え方や物事の見方に気づくことができています。
 このような環境で学べることが、私自身を高めていると考えています。将来は、高い英語力をもった小学校教諭になるためにも日々の授業を大切にし、努力していきたいです。