新着情報 NEWS

2018.05.09

国際教養学部教授 就任挨拶(樋口 晶彦 先生)

My name is Akihiko Higuchi, and I’m a new comer from Kagoshima. I’m happy to have a chance to teach English teaching methodologies and applied language studies at this college. I went to Kagoshima 32 years ago from Fukuoka to teach English and EST (English for Science and Technology) at Kagoshima National College of Technology. I was there for 11 years, then transferred to the College of Education, Kagoshima University, where I have taught English teaching methodologies and applied linguistics for the past 21 years.  

My research interests for the past two decades have focused mostly on TEFL (Teaching English as a foreign Language), TEAP (Teaching English for Academic Purposes), and language policy in the EU, the U.S., South Korea, and Japan. It is a great opportunity for you to study TEFL, TEAP, and Applied Linguistics at Miyazaki International College (MIC). I ‘m looking forward to seeing you and working together in the near future at MIC. 

Speaking of my favorite things to do, I like fishing in the ocean, playing soccer, playing guitar, and cooking. My favorite cooking is ‘Gyoza’ that is a big size with thickly flavored garlics (20 cloves of garlic).

 

鹿児島から参りました新人の樋口晶彦です。本学で英語教授法や応用言語学を担当できる機会を得ましたことを嬉しく思います。私は32年前に福岡から鹿児島へ参りました。英語及び科学技術英語を担当するために国立鹿児島高専へ赴任してそこで11年間、その後鹿児島大学教育学部へ移りそこで21年間英語教授法、及び応用言語学の教鞭をとりました。

この20年間研究において関心のあったものは外国語としての英語教授法、学術英語教育、そして欧州連合やアメリカ合衆国、韓国、日本などの言語政策でした。皆さんが宮崎国際大学において外国語としての英語教授法や学術英語教育、そして応用言語学を勉強されることはとてもいい機会だと思います。近い将来、皆さんと一緒に研究できますことを心待ちにしています。

私が好きなことは、釣り、サッカー、ギター、そして料理です。好きな料理は餃子です。自分で大型サイズの餃子をニンニク20個くらい入れて作ります。