新着情報 NEWS

2018.06.01

国際教養学部特任教授 就任挨拶(堀 和郎 先生)

4月に、特任教授として赴任しました堀 和郎です。

これまで本大学とは、教育学部の非常勤講師として、また大学教育再生加速プログラム(AP)の外部評価委員として、関わってきましたが、この4月から国際教養学部の教職課程を担当する特任教授として勤務することになりました。

私は、教育行政学者として、わが国の教育委員会制度の動態や、学校改善と教育委員会の支援の関係などについて研究してきましたが、授業担当者としては、約40年にわたって教職専門科目の講義に従事してきました(宮崎大学で23年間、筑波大学で12年間、東京医療保健大学で4年間)。と同時に、宮崎大学と筑波大学双方で、付属校の校長としての7年間の実務経験があります。また、文部科学省の大学設置・学校法人審議会の専門委員やスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール事業企画評価委員としての仕事にも携わってきました。教職課程の授業では、これらの多様な経験と研究知見を生かしつつ、分かりやすい授業を心掛けたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

趣味は、テニス、ゴルフ、映画です。映画は観ることはもちろんですが、その歴史、監督論、俳優論なども含めた映画評論など、映画関連の本を読むことも大好きです。テニス、ゴルフは、若い頃はそこそこ自信がありましたが、寄る年波には勝てず、今は楽しむだけのゲームになっています。

英語教員をめざす皆さん、英語教育は、いま、変革の時代を迎えております。期待される英語教員像も大きく変わりつつあります。本大学は、グローバル化社会にふさわしい英語教育を担いうる教員に求められる資質・能力の土台を形成するのにこの上ない学習環境を備えております。皆さんの自己研鑽に大いに期待しております。