学生の声 VOICE

公立学校教員採用選考二次試験 現役合格!

子どもに寄り添い、一人一人が自信や目標を持って成長する環境を作れるような教員になりたい

「教えることが好き」ということが、教員を目指したきっかけでした。子ども一人一人の心身の成長に関わることができる仕事であることも、教員を目指した理由です。

また、私がこれまで出会った先生方は、いつも子どものことを考え、寄り添ってくださる先生ばかりでした。自分も、子どもに寄り添い、子ども一人一人が自信や目標をもって成長できる環境を作れるような教員になりたいと思っています。

宮崎国際大学に入学した理由は?

小学生の頃からの「教員になりたい」という夢を叶えるため、教育学部のある大学に進学しようと思ったこと、他県の大学へ進学し、それまで経験したことがないことに挑戦してみたいと思ったことがきっかけです。

また、英語教育に力を入れていることを知り、自分自身の英語力も高めることができるのではないかと思い、MICへ入学しました。

 

目標に向かって、常に学び、成長できる環境があります

MICには、周りの学生と意見交換やアドバイスをし合える機会が多くあります。また、疑問に思ったことをすぐに先生方に質問でき、個別に丁寧で明確なご指導をいただける機会も多くあります。そのような環境が、自分自身のやる気や成長に繋がりました。

 

「特別対策合宿」や「教員採用試験のための特別対策講座」で自身の課題を明確化
夏の「特別対策合宿」や「教員採用試験のための特別対策講座」は、自分自身の課題を明確にすることができたり、外部講師の先生方からご指導やアドバイスをいただけたりと、とても有意義なものでした。学生同士で助け合い、高め合うことができる環境のおかげで、みんなで採用試験に臨むことができました。
入学後成長したと感じることは?

人前で話したり、発表したりすることができるようになりました。MICに入学するまでは、人前で話すのがあまり得意ではなかったのですが、模擬授業やグループ発表など、授業内での発表の機会が多くあったことで、だんだんと落ち着いて話せるようになりました。教員採用試験の個人面接本番でも、練習以上に落ち着いて、うまく話すことができました。

授業外では…

​吹奏楽サークルに所属しており、副部長を務めていました。サークル活動では、部長や部員と協力し合い、ひとつのことをやり遂げる喜びや達成感を感じることができました。また、責任ある立場としての心構えなども学ぶことができ、教員採用試験にも活かすことができました。

高校生の皆さんへ

私は教員を目指して教育学部に入りましたが、本当に教員になりたいのか分からなくなり悩んだ時期もありました。しかし、授業や講義で教職について学んでいく中で、教員という仕事のやりがいや、素晴らしさを知ることができました。

将来やりたいことが決まっている人も、まだ悩んでいる人もいると思います。しかし、人生の決断をすることに早いも遅いもないな、と私は大学生活を通して感じました。自分自身が心からやりたいと思ったことに向かって努力することが、一番素敵なのではないかと思います。焦らず、自分が本当にやりたいことが見つかるまで、いろんなことに挑戦してみてください。