学生の声 VOICE

公立学校教員採用選考二次試験 現役合格!

常に研究と修養を怠らず、日々、子どもたちと一緒に成長する教員に

子どもたちと信頼関係を築き、明るい学級づくりを目指すことも大事ですが、教員の第一の使命は、子どもたちの学力向上に努めることだと考えます。

常に研究と修養を怠らず、日々、子どもたちと一緒に成長していきたいです。

教員を目指した理由

私には、二人の兄がいます。私が小学校の頃、兄達は、高校の講師として教育に携わっていたり、母校の教育実習に参加したりしていました。そのような二人の姿を見て、教師という職業にあこがれを抱きました。
教師という職業が身近に感じられる環境にいたことが、教師を目指した大きなきっかけだと感じています。

 

MIC入学のきっかけは?

本学に入学したきっかけは、地元を離れて県外で大学生活を送りたいと思っていたからです。また、小学生のころから、教師という職業にあこがれを抱いており、宮崎国際大学教育学部への入学を希望しました。

 

学生と先生方との距離の近さ、教員採用試験合格を支援する環境が魅力!

講義の疑問点や生活面のことを気軽に相談することができます。また、教員採用試験合格を目指すための環境が整っています。音楽力を向上するための豊富な音楽設備や、教員採用試験のための特別対策講座や特別対策合宿などのプログラムが充実しています。

理数ゼミで力をつけることができました。

3年次から参加した理数科ゼミで力を付けることができました。理数科ゼミでは主に、理科・算数の模擬授業を行います。他の学生や、先生方からアドバイスをもらい、教科に対する専門的な力を養います。詳しくは、宮崎国際大学ホームページ理数科ゼミをチェックしてください。

MICで成長した点は?

やり遂げる力です。大学生活では、長い期間準備をして、取り組まなければならないことが多くあります。例えば教員採用試験などです。MICで、十分な準備をして、目標を達成することの大切さを学ぶことができました。

高校生の皆さんへ

好きなことや、やりたいことに対して、取り組むことは簡単です。ですが、苦手なことや気が進まないことに対しては、やらない理由を探したり、自分には価値のないことだと判断したりしがちです。

高校生の皆さんには、気が進まないことに目を背けず、自分を成長させるために、様々な活動に取り組む、というような意識を持ってほしいと思っています。