学生の声 VOICE

公立学校教員採用選考二次試験 現役合格!

子どもの可能性を信じ、努力を認め、励まし、良いところを最大限に伸ばす教師を目指します!

子どもの可能性を信じ、子どもの努力を認め、励まし、良いところを最大限に伸ばす教師になりたいです。また、学校という学び舎で、「様々な疑問に出会える」楽しさと、教師や友達とのかかわりを通して「人と人との繋がり」の面白さ、大切さを感じてもらえるように、私自身、教師として日々学び続けていきたいです。

教員を目指した理由

小学6年生の時の恩師との出会いがきっかけです。どんな子どもに対しても可能性を信じ、子ども一人ひとりに合わせた関わり方を行いながら、クラス全員がそれぞれの場で活躍できるような学級経営に憧れ、私も実践したいと思い、教員を目指しました。

MICに入学した理由は?

高校3年生の夏、オープンキャンパスに参加した際に、MICのことを楽しそうに語る教育学部の先輩の姿がとても印象的で、「私もこの先輩方と一緒に大学生活を送りたい!」と直感で思い、入学を決意しました。

MICの魅力!

「~したい!」「もっと良くしていきたい!」という主体的で前向きな気持ちを持っているMICの学生たちの存在と、その学生の主体的な気持ちを尊重し、いつも全力でサポートしてくださる先生方の存在です。MICは、人的環境が一番の魅力だと思います!

MICで成長した点

自分の考えを持ち、それを相手に伝えることの大切さを学びました。私は、自分の考えに自信が無く、人前で自分の考えを述べることが苦手な学生でした。しかし、そんな私を認め、励ましてくれる先生方や学生との出会いがあり、人前に出る活動(学友会や学祭の企画部など)に積極的に参加するようになりました。これらの経験で得た自信や勇気は、教員採用試験に大きく活かすことができました。

役に立った!と思うプログラムは?

理数科ゼミや教員採用試験対策講座です。特に、理数科ゼミでは、参加している学生が交代で模擬授業を行い、それを学生同士で検討し、先生からは専門的で的確な助言をいただけるといったプログラム内容が、理科が苦手だった私にとって、毎回の参加がとても刺激的で、勉強になることばかりでした。先生方の手厚いご指導は、本当にありがたかったです。

理数科ゼミのHPはコチラから>

高校生の皆さんへ

将来の夢がもう決まっている方、まだ決まっていなくてどうしようかと焦っている方、どちらでもない方、一度、今自分が行きたいと思っている大学へ行き、大学の雰囲気を味わってみてください。

パンフレット等で見る大学の印象と、実際に場に訪れて感じる印象は全く違います。実際に私もそうでした。もし、進学について悩んでいる方がいたら、思い切って大学生に相談してみてください。何かヒントが得られるかもしれません。

大学という場所は、高校までとは違って、自らの手で道を選び、開いていくための場所です。今の自分とよく向き合って、たくさん悩み、自分に合った大学を見つけて、ぜひ、自分にしかできないことに挑戦してみてください。応援しています。