学生の声 VOICE

公立学校教員採用選考二次試験 現役合格!

常に愛情と情熱を持って子ども達と関わっていきたい

私を受け持ってくださった先生方や実習先の先生方のように、常に愛情と情熱を持って子ども達と関わっていきたいです。自分自身や友人、身の回りのものを大切にできる、思いやりを持った児童を育て、子ども達とともに、日々成長できる教員になりたいと思っています。

教員を目指した理由

小学校3年生の時の少人数教室の先生との出会いがきっかけで、どんな時でも優しく寄り添ってくださった先生に憧れました。また、教育実習の経験でさらに教員になりたいという思いが強くなりました。大変だと感じることも少なくはなかったですが子ども達の笑った顔や応援してくれる言葉が私の頑張る力になりました。

 

宮崎国際大学に入学した理由は?

高校時代、担任の先生に勧められたことがきっかけでした。同じ高校から卒業した先輩が、MICの外国人の先生方が多くいらっしゃる充実した環境で頑張っていると聞き、私もMICで教師になるという夢をかなえたいと思い入学を決めました。

 

MICの魅力!

親身になって相談にのってくれる先生方が多くいらっしゃることです。普段の講義はもちろん、卒業論文のことや進路のことなど自分のことのように一生懸命考え、動いてくださる先生方のおかげで教員採用試験に合格することができたと思っています。

人前でも、自信を持って話すことができるようになりました。

人前で話すことが苦手ではなくなったことです。元々人前で話すことが苦手で、大学3年の頃まで模擬授業などで前に立つと、声も手も震えていました。講義の中や教育実習、理数ゼミ、試験対策など何度も授業をするにつれ自信を持って話すことができるようになりました。

役に立った!と思うプログラムは?

教員採用試験のための特別対策講座です。特に2次試験対策では元小学校の校長先生方が来てくださり、模擬授業、個人面接、体育実技、音楽実技など各分野において的確なアドバイスや助言をして下さいます。

授業外では…学習支援ボランティアに参加していました!
大学4年生の時、週に1~2回、市内の小学校の学級に入り、学習の支援をするボランティア活動「特別支援教育学生ボランティア」をしていました。特別支援教育について学びたいと思い始めたボランティア活動でしたが、特別支援教育のことのみならず、教員になる前に、教育実習の1か月だけでは学びきれなかった、現場の先生の授業の工夫や学級経営で気を付けることなどを学ぶことができました。

春休みには、カナダへ短期留学もしました。

高校生の皆さんへ

小学校教員、幼稚園教諭、保育士を将来の視野に入れている方に宮崎国際大学・教育学部はぜひお勧めしたいです。小規模な大学だからこそ一人一人が活躍でき、先生や先輩、後輩、同じ学年の学生と密に関わり合いながら成長できる環境があります!