学生の声 VOICE

公立学校教員採用選考最終試験 現役合格!

子どもに寄り添える教師に

信頼される教師になりたいです。そのためには、子どもが悩んだり困ったりしたときは親身になって話を聞いて一緒に考えたり、楽しいときは思いっきり子どもと楽しんだりなど、子どもに寄り添える教師になりたいと思っています。

教員を目指した理由

私は、先生という職業に対してずっと憧れがありました。小学校6年間良い先生に出会ったおかげで、小学校生活は楽しかったという思い出が1番残っています。

また、子どもが好きということもあり、子どもと一緒に成長していける仕事に就きたいと思ったことも理由の一つです。大学に入ってから、実習やアルバイトを通して子供とかかわる機会があり、子どもの成長を身近で感じられる事にやりがいを強く感じる事に気付きました。また小学校は学級担任制で、自分のクラスの子ども達の様子をずっと近くで見る事ができ、その分、子どもの成長もより近くで感じることのできる素敵な仕事だと思い、小学校の先生を志望しました。

 

宮崎国際大学に入学した理由は?

沖縄から県外に出たいという気持ちが強くあり、九州内で教員免許を取得できる大学を探しているときに、宮崎国際大学のパンフレットが目にとまったことがきっかけです。宮崎国際大学は、少人数で先生との距離が近く、親身になって指導してくれるところに1番魅力を感じました。

MICの魅力!

大学の先生と距離が近く、個別指導が手厚いところや、教育学部内の人数も多くはない為、仲がとても良いところです。また大学内での行事やイベント(ハロウィンパーティー・クリスマスパーティー・栄養会など)が多く、大学生活の楽しみがたくさんあるところだと思います。

4年間で成長したと感じている点は?
私は、人前に立って話をしたり模擬授業をしたりするとき、緊張してうまく伝えられないことに悩んでいたことがありました。しかし、学校行事などで実行委員をしたり、理数科教育ゼミや教育法の授業で模擬授業を行ったりなど、人前に立つ機会が沢山あったおかげで、今では緊張することも少なくなってきました。また、模擬授業では友達や先生方に意見を聞きながら改善していくことで、自分の成長にも繋がったと思います。
教員採用試験のための特別対策講座が役立ちました!

本学では、授業以外に教員採用試験のための特別対策講座があります。特別対策講座では、教職教養の過去問を解いたり、各教科の出題される内容を復習したりします。

また、二次試験での実技に向けて、水泳やマット運動も特別講師が分かりやすく指導してくれます。一人ではできないことを、この大学では特別対策講座として様々な対策を組んでくれたことで、できなかったことも仲間と励まし合い、ともに学び、最後まで頑張ることができたと思います。

学友会に入り、行事の企画運営に携わりました。

大学の行事に参加したときに、企画者がとても楽しそうに運営している姿を見て、私も企画側に回ってみんなが楽しむ行事を考えてみたいという気持ちになり、学友会に入りました。

行事運営を通して、人前で堂々と話す力が身につき、企画側の大変さを知ることができましたし、他学部・他学年との関わりを増やすことができました。

高校生の皆さんへ

大学選びは、自分の将来なりたい職業を考えた時に、自分に合うかや、環境、どういうところで学びたいかということを、詳しい情報をパンフレットやホームページなどを参考に決めると良いと思います。大学入試やセンター試験勉強は大変だと思いますが、体調に気を付けて最後まで頑張って下さい。