在学生・卒業生の声 VOICE

公立学校教員採用選考試験 現役合格!

未来を切り拓く児童に夢を与えられるような教員になりたいと思います。

未来を切り拓く児童に夢を与えられるような教員になりたいと思います。そのために、児童の個性を見極め、適切な声掛けや見守りを行い、児童が自己存在感や自己肯定感を感じられる指導をしたいと考えています。

教員を目指した理由

中学時代に、人間関係で辛いことがありました。しかし、子どもと真剣に向き合う先生に出会い、精神面で大変救われました。これをきっかけに、子どもと丁寧に関われる職業に就きたいと思うようになりました。小学校教員は、ほぼ全ての教科を担任の先生が教えます。そのため、児童と過ごす時間も長く一人ひとりに目を配りやすいと考えます。このことから、私は小学校教員を目指すようになりました。

 

宮崎国際大学に入学した理由は?

小学校教諭免許に加え、英語力・音楽力を向上させるプログラムも充実しており、自分を高める環境が整っていると思ったためです。また、幼稚園教諭免許も取得できるので、幼児教育との接続を意識して勉強に取り組めると考え入学を決めました。

MICの魅力!

小規模大学のため、先生方や学生同士の距離が近いところが魅力です。分からないことや不安なことがある時は、気軽に先生方や先輩方に相談することができます。また、同じ目標を持つ学生と共に勉強できるので、より学びを深めることができます。

MICで成長したと感じる点は?

私はこれまで人前に立つと緊張してしまい、思うようにいかないことが多くありました。しかし、MICでは他大学と比べて少人数で学ぶため、発表や模擬授業をする機会を多く持つことができました。これらの経験が功を奏し、少しずつ自信を持って人前に立てるようになりました。

役に立った!と思うプログラムは?

4年次にある理数科模擬授業ゼミは、教員採用試験対策として大変役に立ちました。私は人前に立つと緊張することから模擬授業への苦手意識が強く、授業実践では悔しい思いをする場面も多々ありました。しかし、ゼミの中で仲間の模擬授業を見てアイディアを参考にしたり、一緒に教材研究をする中で理解を深めたりすることを通して、少しずつ自信を持って模擬授業に臨めるようになりました。

高校生の皆さんへ

高校生の皆さん、進路について考えると、期待だけでなく不安が募ることも多々あるかと思います。しかし、自分と向き合い将来を考えることは、大学で目的意識を持って学ぶことに繋がり、皆さんの夢の実現に直結します。

皆さんのやりたいことは何ですか?将来について考えるのを後回しにはしていませんか?時間は有限ですが、皆さんの可能性は無限に広がっています。明るい未来を目指して、今できることを精一杯頑張ってください。応援しています。