在学生・卒業生の声 VOICE

公立学校教員採用選考試験 現役合格!

子ども一人ひとりに寄り添った教員になりたいと考えています。

子どもとのコミュニケ―ションを大切にして子どものよさを引き出し、伸ばしていくことができるように、一人ひとりをよく理解しながら関わっていきたいと思います。

教員を目指した理由

小学生の時の恩師に憧れたからです。私は小学校を2回転校しました。不安を感じていた時に、先生がゲームを通して友達と話すきっかけを作ってくださったことや、私の話を聞いてくださったことが心の支えとなりました。私も恩師のように子どもの支えとなる教員になりたいと思い、小学校教員を目指すことに決めました。また、教育実習を通して子どもと関わることで成長を目の当たりにし、教員になりたいという思いがより確実なものとなりました。

宮崎国際大学に入学した理由は?

高校生の時にEnglish Dayで本学に初めて来ました。体験したのは国際教養学部の授業でしたが大学の雰囲気がとてもよく、この大学で学びたいと感じました。そして、私が進学を希望していた教育学部が本学にありましたので、入学しようと思いました。

MICの魅力!

一人ひとりをとても大切に見てくださり、自分の夢に向かって勉学に励むことができるところです。先生方との距離が近く、学年の違う学生同士もとても仲が良く、共に学ぶことができるところも魅力だと思います。

MICで成長したと感じる点は?

積極的に取り組む姿勢です。模擬授業やゼミなど自分から積極的に挑戦することができるようになりました。それは共に学ぶ仲間がいて、挑戦できる場を作っていただけたからだと思います。

役に立った!と思うプログラムは?

教員採用試験の対策講座です。要点をまとめた講座資料を用いて、何度も繰り返し学んだことで力を付けることができたと思います。模擬授業や面接についても一人ひとりをしっかり見ていただき、自分の改善点を意識しながら学ぶことができました。

課外活動についても教えてください!

教員としての実践的な力を身に付けたいと思い、教職サークルに入りました。教職サークルに入ったことで、人の前に立ち話すことや、模擬授業をする機会がとても多くなりました。もともと人前で話すことは好きでしたが、さらに自信を持って前に出ることができるようになったと思います。また、サークル活動を通して他大学の教職サークルの人たちとつながりを持ち、一緒に学ぶことができました。人とのつながりが増え、身近なところだけでは学べないことも幅広く学ぶことができ、教員という夢に向かって共に学んでいくことができました。

 

高校生の皆さんへ

私は、これまで小学校教員になりたいという一心で学んできました。皆さんにもきっとこうなりたい、このようなことをしてみたいという夢があるのではないでしょうか。その夢を明確にして叶えるために、自分でしっかりと進路を選択してください。幅広い視野で色々と見て、自分の決めた道を自信を持って歩んでください。それが本学でしたら、たいへんうれしく思います。