学生の声 STUDENT VOICE

 

 

日本航空株式会社
客室乗務員

 内定

日本航空株式会社に応募したきっかけは?

以前から客室乗務員を目指していたこと。そして伝統を重んじ、仲間を大切にしている社風の中で「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を一緒に実現したいという思いから応募しました。

古澤さんが客室乗務員を目指すようになったのは、初めて飛行機に乗った中学校の修学旅行での出来事。客室乗務員の方のやさしい声かけで、それまでの不安が嘘のようにふっとび、安心して旅を楽しむことができたという。

どのような選考が行われましたか?また、その準備は?

ウェブサイトからエントリーし、エントリーシートによる書類選考面接・健康診断・適性検査等を経て内定をいただきました。

準備では、企業研究と自己分析を通して、自分自身と会社との共通点や入社したい理由を明確にすることを頑張ったと思います。自分を理解することは難しいですが、自分について分かっていないと面接などで本当の自分を表現できないと思ったので、自己分析には特に時間を費やしました。

MICに入学した理由は?

海外研修プログラムがある点と、英語で授業が行われる点に惹かれました。「海外で実際に英語を学んでみたい!」「英語での授業って面白そう!」と思っていた高校生の私にはぴったりの学校でした。

留学に行きたいと強く思っていた古澤さん。最初は都会に目が向いていたが、「宮崎にもこんな大学があるよ」と高校の先生に教えられ、調べていくうちに興味をもつようになったのだそう。

MICの魅力は?

「個性を大切にする場所」であることです。学生も先生も一人ひとりの意見を大切にします。そうだからこそ、授業でも発言しやすい雰囲気で、個々の意見を尊重できます。個性を認め合い、高めあうことがMICの魅力だと思います。

MICの授業では、答えが正しいか間違っているかということよりも、なぜそういう風に考えたのかといったプロセスを大事にしてくれるという。「高校時代までは発言する子じゃなかった」古澤さんもMICの「それぞれの意見を尊重する」l雰囲気の中で、積極的に発言できるようになった。

大学4年間で成長したと感じることは?

多くのことに興味をもつようになったことです。MICは海外の先生の授業を受けたり、海外研修を経験したりと、広い視野を手に入れることができる場所だと思います。一人ひとり様々な意見を持っているということを知ることができました。個性溢れる学生や先生が多く、皆多様なことに挑戦しているので、私も自然といろいろなことに興味をもつようになり、好奇心を持ち続けることができます。

将来の目標

憧れていた客室乗務員でしたが、実際に内定を頂くと私に務まるのかという不安もあります。ですが、私を励ましてくださったいつかの客室乗務員の方のように、一人でも多くのお客さまを笑顔にできたらと思います。そして、自分自身もさらに成長していきたいと思います。

高校生へのメッセージ

進路を決めるにあたって、私もたくさん悩みました。でもたくさん悩んでいいと思います。大学での4年間はとても濃いですし、将来にもつながってきます。私が皆さんに言えることは、この宮崎国際大学に入学して本当に良かったということです。英語での授業や海外研修に最初は苦労しましたが、その苦労のおかげでそれ以上に成長できたと思います。