在学生・卒業生の声 VOICE

宮崎国際大学は努力次第で必ず輝ける大学!

明野 真也さん

国際教養学部 3年
宮崎県立高鍋高等学校出身

 今回「卓越した学生」に選ばれた事は、今まで頑張ってきた成果が報われたものと嬉しく思っています。これまで努力してきたことが正しかったんだと、改めて自信になりました。経済的にも助かっています。両親もとても喜んでくれて、少しは親孝行できたかな、と実感しています。

 私が宮崎国際大学への進学を決めた理由は「全ての授業が英語で行われる」ことでした。高校時代はクラスメートと切磋琢磨しながら毎日休む暇なく勉学に励む日々を送っていましたが、いざ進路選択になると遠回りしたり、自らが下した決断に後々後悔することがとても多かったです。そしてようやく「自分は英語が好きなんだ」という結論に達し、英語にもっと磨きをかけることのできる大学を探し始めました。

 最初に宮崎国際大学を勧めてくれたのは両親でした。センター試験で思ったような点数が取れなかった私に、ここなら私が想像する大学に近いのでは、と両親が後押ししてくれました。そこで初めて情報を集めたのですが、確かに自分が理想とする授業風景が描かれていました。

 大学生活はおかげさまでとても充実しています。一緒になってふざけあえる友人ができ、授業も期待以上の内容ですし、部活の部長として取りまとめ役を請け負うなど、とても満足しています。まさに「絵に描いた大学生」を謳歌している感覚です。特に授業はとても楽しいです。英語に浸っている感覚や、自分の発言が評価された時は清々しいです。期待をいい意味で裏切ってくれました。周りは私と同じように英語を伸ばしたい学生が多く、英語を学ぶには最高の環境が整っています。

 宮崎国際大学は努力次第で「必ず輝ける」大学だと思います。特に英語に意欲的に取り組もうとする人に向いていると思います。英語に興味があるけれど、何をすればいいかわからない、TOEICや英検などの資格が欲しい、何でもいいと思います。ですがやはり、英語学習が苦にならない学生が望ましいと思います。

 将来は、まだ未定ですが、この先の海外研修や学生生活を通して、自分が将来何がしたいか、を追い求めることが私の一番の課題だと思います。自分が世界を相手に仕事をしている姿や、教員になっている姿を想像すると、カッコいいな、と思います。可能性は無限大です。これからもこれまで以上に努力を重ね、頑張っていきたいです。