在学生・卒業生の声 VOICE

鹿児島銀行内定

鹿児島銀行を志望した理由は?

自己分析を進めていく中で銀行員という職業と自分の性格があっていると感じて銀行に興味を持つようになりました。多くの銀行の説明会やインターンシップに参加した中で特に先輩たちの活気があふれる雰囲気や、安定した環境が整っていること、南九州を活気づける一員として働けることから鹿児島銀行を志望しました。

選考に際して、役に立ったMICでの学びはありますか?
MICでは発言を求める授業や主体性を育てる授業が多くあります。物怖じしない姿勢で選考に臨めたのはMICでの学びがあったからだと思います。また、MICは多くの学びが出来る学校です。そのため、エントリーシートを書く際に自分の経験談に困ることはありませんでした。
そんなMICに入学した理由は?

高校生の時にMICへ大学体験に参加し、その時に受けた授業が楽しくて興味を持ちました。また、英語力の伸びや外国人の先生に英語で様々な科目を教わることができる環境に惹かれ入学を決めました。

実際に入学して感じたMICの魅力は?

MICの魅力は授業のシステムです。少人数制でアクティブ・ラーニングという学生主体の授業形態が魅力だと思います。ただ知識をつけるだけの授業でなく話し合いなどを通して自分で考える力、他人の意見を聞いて自分の意見を深める力、発言する力などを日常的にコツコツと授業を通して身につけることができると思います。また、多様性を重んじる風潮の学校である為、自分の中に知らず知らずのうちに持っていた偏見に気づかせて変えてくれるグローバル化に即した学校であると思います。

大学4年間で成長したと感じることは?

考える癖がついたことです。MICの授業内では発言が求められる機会やグループでの話し合いが多く行われます。その中で自分の意見をしっかり伝えないといけないので常に物事に対して自分の意見を持つように考える癖がついたことが成長したと感じます。

今後の目標を教えてください

将来の目標は人の気持ちに寄り添える優しい人間になることです。就職先でも自分の周りでもMICで培った多角的に物事を見ることや相手の意見をしっかり受け入れて自分の意見を深く考えることを日常的に自然と相手に対してできればと思います。

高校生へのメッセージ

私は高校生の頃、将来の夢が明確に決まっていませんでした。何に向いているのか分からず、でもやってみたいことが多く、将来のビジョンが浮かびませんでした。私と同じように何がやりたいのかわからない人も多くいると思います。大学は様々な教養を身につけ、自分が動けば動くだけ多くの経験をできます。そして、多くの経験をして自分のことを見つけることが出来る場所です。まずは自分のやりたいこと、挑戦してみたいことが多く出来る環境のある大学を探してそこに向けて頑張ってください。