在学生・卒業生の声 VOICE

2017.01.10

国際教養学部 松田みなみさん(宮崎県立宮崎西高等学校出身)

わたしがMICを選んだ理由

もともと英語が好きなこともあり、英語を身に付けたいという思いがありました。そして、何より英語をツールとして使用する授業形式が魅力的でした。生きた英語で様々な分野の知識を習得したいと思いMICへの進学を決めました。

海外研修先はサンマルコス大学(アメリカ)
まず、「本当に行ってよかった!」という感想が真っ先に来ます。初めての海外での生活ということもあり最初のうちは不安もありましたが、ホームステイにも学校にも恵まれていました。特に学校や校外での国籍の違う友人たちとの思い出は私にとってかけがえのないものになりました。また、今まで自分の知らなかった他国の文化や他国から見る日本の印象などについて考える機会がたくさんあり、毎日が刺激的でとても充実していました。

MICのここが魅力!

知識を身に付けるだけでなく、精神的にも鍛えられます!みんなの前で自分の意見を英語で発表・プレゼンテーションをする機会が常にあります。それらを通して知らず知らずのうちに度胸がついていました。また、MICはリベラル・アーツ教育の方針を採っているので、幅広い教養を身につけることが出来ます。政治学やその中で学ぶ歴史などもとても勉強になりました。

Benjamin先生の政治学の授業は欠かさずとりました。
生徒ひとりひとりに真摯に向き合ってくれる先生です!

高校生の皆さんへ

大学は将来への大切な通過点

皆さんに忘れてほしくないことは大学はあくまで通過点だということです。だからこそ「なんとなく行く」のではなく、大学で何を勉強したいか、それをどう将来に役立てたいかを少しでも考えてほしいと思います。そうしたことで意味のある大学生活を送れますし、今は明確な目標がなくても大学で頑張ったことが将来にも繋がると思います。

キャビンアテンダントに内定!就職活動を支えたMICでの学び

私が客室乗務員という仕事に興味を示すきっかけを与えてくれたのはMICの留学プログラムでした。海外で実際生活し、「日本の魅力」を至る所で再認識することが出来ました。そして私が感じた最大の魅力が「おもてなし文化」です。私自身も「おもてなし」を提供し、人の役に立ちたいと強く思うようになり、最高の「おもてなし」でお客様を迎える客室乗務員を目指し就職活動をすることが出来ました。また、日々授業でディスカッションをするなど自分の言葉で意見を言う機会がMICには常にあります。そういった日々の積み重ねが面接のとき活かされました。

今後は、今まで周りの人に支えて頂いてきたように、人の役に立ちたいと重います。またいつまでも初心を忘れず努力を惜しまない社会人になりたいです。