キャンパスライフ CAMPUSLIFE

学生支援

学生一人ひとりに担当の教員が付く「アドバイザー制度」とそれをサポートする在学生が付く「アドバイザー・アシスタント制度」で、よりスムーズに学生生活に慣れることができるようサポートします。
その他カウンセラー制度等を設けています。
サポート制度 サポートしてくれる人(相談相手) 相談内容
アドバイザー制度 個別指導教員
(入学時に担当アドバイザーが付きます)
・大学での学習について
・大学生活全般
アドバイザー・アシスタント
(AA)制度
先輩学生 ・大学での学習について
・大学生活全般
カウンセラー制度 公認心理師 ・さまざまな悩み

 

アドバイザー制度

入学すると同時に学生一人ひとりに担当のアドバイザー(個別指導教員)が付きます。アドバイザーは学生各自の興味や希望を聞いた上で、履修登録、学習 計画等に関するきめ細やかな教育指導をするとともに、個人的問題に対しても親身になってアドバイスするなど、学生の大学生活全般を積極的にバックアップします。

履修登録が正確にできているかのチェックする他、学生は勉強やキャンパスライフについて悩みがあるとき相談に来ることができるようにしています。

相談内容は例えば…

続きはこちら >

履習計画や単位修得、進路についてなど、学業や生活面など、幅広く相談・アドバイスをしています。ときには、コーヒーを楽しんだり、雑談を通しての学生との関わりを持つなど、学生との距離が近い雰囲気づくりを心がけています。

相談内容は例えば…

続きはこちら >

アドバイザー・アシスタント(AA)制度

アドバイザー・アシスタント(AA)制度は、新入生がスムーズに学生生活に馴染めるように先輩学生 がサポートする制度です。

先輩に気軽に相談できる環境づくりで
1年生の描く未来をサポートしたい

国際教養学部 向井 萌依さん(宮崎・宮崎学園高等学校出身)

AAとして…

履修登録や授業についての相談、試験対策のアドバイスなどを行っています。1年生が不安にならないように、LINEや大学のメールで相談に乗ることもあります。
先輩に相談するのが苦手だと思う人もいるかもしれないので、気軽に相談できるような環境づくりをしたり、言葉遣いを工夫したりしています。
頼れる先輩でありたいと思うと同時に、後輩が自分自身で問題解決できるようになるためのお手伝いができればと思っています。

高校生へメッセージ

宮崎国際大学には様々な国の先生方や留学生が多く在籍しているので、大学に来るだけでプチ文化交流ができます。宮崎国際大学は、リベラルアーツを学ぶことで自分が描きたい未来へ近づける場所です。私たちと一緒にキャンパスライフを楽しみましょう。

*2022年度AA学生です。

AA先輩のおかげで、不安な大学生活から、楽しい大学生活に。
先輩と同じように、新入生をサポートしたい

教育学部 黒木 真李さん(宮崎・宮崎日本大学高等学校出身)

AAとして…

履修登録の方法や選択科目についてのアドバイスをしています。また、試験前にはテスト勉強の方法についてもアドバイスをしています。
私が1年生のときに、履修登録やサークル、テストなど学校生活の様々な部分で3年生のAAの先輩にアドバイスをいただいた経験があり、今度は私が少しでも1年生の助けになりたい!と思い、現在、AAとして活動しています。
1年生は大学生活について分からないことも多いので、こまめに「困ったことはないですか?」と私から連絡をとるようにしています。後輩の困っていることはなるべくすぐに解決してあげたいと思っています!

高校生へメッセージ

宮崎国際大学は小規模大学です。小規模大学だからこそ、気軽に先輩に相談できる環境が整っています!先輩後輩の関係がとても良いため、楽しく充実した大学ライフを過ごすことができます!ぜひ宮崎国際大学に来てください!

*2022年度AA学生です。

カウンセラー制度

大学生になると、今までと違う環境での生活に適応 できず、中には精神的な悩みをかかえる学生もいま す。そのような状況に対応できるよう、本学には公認心理師の資格をもったカウンセラーを配置してい ます。 「人間関係」「自分自身の内面」「進路について」「障がいがあるためサポートを受けたい( 配慮等を要する学生)」など、さまざまな悩みをご相談ください。

何か相談したいときはカウンセリング室(1号館3階)、保健管理センター(4号館1階)又は、学生部(事務局)にて予約をしてください(メールでの予約も可)。

カウンセラーの予約可能時間帯 火・木曜日12:00~16:00

その他の制度

単位取得に関わる中間報告制度

毎学期、学生の学業状況に応じて必要なサポートを行います。単位取得が困難と予想された場合(1年生は全員が対象)、担当教員は中間報告を学務課、学部長、アドバイザーに送ります。アドバイザーは担当教員と解決方法を相談し、学生の指導や勉学上の習慣などについてさまざまな指導・支援を行います。単位取得が困難な科目が多い場合は、保護者と本人宛に書面で連絡し、必要な場合は学部長面談も行われます。MICでは一人ひとりの学生に対して、卒業まできめ細やかな指導と支援を行います。

学生による授業評価制度

毎学期終了時に、学生自身が履修した授業を無記名で評価する制度で、開学時から実施されている「学生が先生と授業を評価する」システムです。内容は「私の意見を聞き、自分自身の考えを述べるように促してくれたか?」「科目についての質問に明確に答えてくれたか?」「私を公平に扱ってくれたか?」など9項目(および自由記述欄)からなり、それぞれ5段階で評価します。学生の評価は、成績確定後当該教員に渡されるとともに学部長がチェックし、授業の改善に役立てられます。

様々なニーズに応える課外授業

国際教養学部では、TOEFLやTOEICなどの受験対策講座のほか、大学院受験希望者のための準備指導などが随時行われています。教員一人当たりの学生数が10人程度という恵まれた環境を活かして、様々なサポートが行われています。

障害のある学生への配慮および支援