情報公開 DISCLOSURE

数理・データサイエンス・AI教育プログラム

本学では、令和2年度から「宮崎国際大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム」を実施しています。令和3年8月4日、文部科学省から同プログラムは「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました。認定期間は令和8(2026)年3月31日までです。

1.教育プログラムについて

第5期科学技術基本計画では、ICT技術を使って工業社会の現実空間(Society 3.0)と情報社会のサイバー空間(Society 4.0)をつなぐ社会をSociety 5.0社会と定義されている。その中にあって、数理・データサイエンス・AIが、現在の情報社会や生活と密接に結びついて、流通、製造、金融、サービス業、教育などの多くの産業で活用されている。本プログラムでは、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的能力(リテラシー)を学ぶことを目的としています。

 

2. 教育プログラムで身につけることのできる能力

国際教養学部

人文科学系の国際教養学部では、リベラル・アーツを主に学修しているが、今後の情報社会で活躍できる人材を育成するためには、STEAM教育:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術・教養)、Mathematics(数学)が必要であると思われる。そこで、本プログラムでは、実習を通して、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的能力(リテラシー)を身につける。

教育学部

新学習指導要領で示されるように、各学校では、2020 年度から「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善を通して、豊かな創造性を備えた持続可能な社会の創り手を育成し、児童生徒に生きる力を育むことが求められている。小学校では、ICT教育によって教室のプロジェクタに図表を拡大投影したり、パソコン教室でインターネットを使って調べ学習をしたりする等「情報手段に慣れ親しみ、適切に活用する学習活動を充実する」とされている。プログラミング教育やGIGAスクール構想が令和3年度から始まる。本プログラムでは、授業・実習を通じて数理・データサイエンス・AIリテラシーに関する基礎的能力(リテラシー)を身につける。

3.修了要件と実施科目

  • 国際教養学部では、「基礎教育科目」から情報通信技術概論(必修、4単位)を取得すること。
  • 教育学部では、「教養基礎科目」から忍ケ丘教養Ⅲ(必修、2単位)および「教養発展科目」から情報処理(必修、2単位)、合計4単位を取得すること。

実施科目と内容

4.実施体制

運営 プログラム運営委員会
点検・評価 自己点検評価委員会
改善 分野横断カリキュラム検討委員会

5.自己点検評価結果

数理データサイエンスAI教育プログラムに関係する「情報通信技術概論」「忍ケ丘教養Ⅱ」「情報処理」の授業評価アンケート(令和2年度)結果および本申請に際して行った自己点検評価の結果を掲載しました。

こちら

6.令和3年度事業

情報倫理に関するアンケート(2021.08.06)

こちら